実印兼、銀行印

銀行印イメージ

一般的な常識人とは若干ずれている私なので、色々と新しい発見をする事が多いのですが、まさか印鑑の常識についてもズレがあるとは考えもしていませんでした。
銀行印と実印、分けてる人の方が多いらしいですね。
私は銀行印も実印も全部一緒で同じはんこにしてしまいました。
有事の際などに二つに分かれていた方が良いと聞きました。
どういったのが有事になるのか考えたくはないですけど・・・。

とりあえず私は現在持っている印鑑は実印兼、銀行印です。
そういうものだと思い込んでいたため、いざ購入となった当時は

「重要な書類の印鑑は全てこれを使うんだ!」

と、考えて気合を入れて色々凝った作りにしようと考えていたものです。

オーダーメイドの印鑑なんかどうかとか、材質は何にしようかとか。
チタンの印鑑が良いなぁとか贅沢にも考えていたりしました。
どこで買うかも悩んでいました。
その辺の文房具店に売っている印鑑じゃなく、やはりインターネットとかで探して見たい!

こだわりだすと、止まらない。
どんな材質が自分に合うのかだとか、ケースはどんなのにしようかとかどんどんこんなのが良い、こんなのが良いとボコボコ希望が出だして止まらない。
要望が止まらないという事はつまり、残念ながら買うまでは至らない。
もうそろそろ買わなきゃいけない、実印の登録をしておかなければいけない!!
時間がない!決断しなきゃ・・・。

そして数ヵ月後、私の手にあった印鑑。
実家近くのはんこ屋に依頼して作ってもらった黒水牛の印鑑。
色々悩んだすえ、最後は近場とはなってしまいましたが、それはそれで味のある印鑑を手に入れる事ができたので選んでよかったと思ったのでした。

ページの先頭へ